営業時間

午前9:00~午後7:00

定休日

土曜日・日曜日

 

お問い合わせ

住所

名古屋市名東区高針原2-1014-2

Tel

052-870-0765

Fax

052-870-0779

メールでのお問合わせはこちら

 

[営業エリア]

名古屋市内全16区(熱田区・守山区・昭和区・天白区・名東区・千種区・港区・瑞穂区・緑区・東区・西区・南区・北区・中区・中村区・中川区・東区)

愛知県/春日井市・小牧市・岩倉市・清須市・北名古屋市・あま市・大治町・蟹江町・豊山市・津島市・愛西市・尾張旭市・瀬戸市・長久手町・日進市・東郷町・みよし市・豊明市・大府市・東海市・知多市・半田市・常滑市・東浦町・阿久比町・刈谷市・高浜市・安城市・岡崎市・知立市・豊橋市・豊川市・蒲郡市

 

リフォームTOWN

液状化を含む地盤の地震時被害

鈴姫建設では、東日本大震災が起こる以前より「東海・東南海連動型地震」を想定して名古屋大学災害対策室が主催する防災アカデミーに積極的に参加し、お客様の安心・安全に繋がる知識を蓄積しております。東日本大震災後は、最悪のシナリオを想定して「東海・東南海・南海連動型地震」と非常に大きな3つの地震が連動して起こったときのシミュレーションを政府が計画することとなりました。

今後も情報収集に努めて参ります。

 

さて今回は『第73回 液状化を含む地盤の地震時被害』というセミナーに参加して参りました。

講師は野田利弘教授(名古屋大学工学研究科教授)が行われ、非常に詳しい講義をしてくださいました。随分と素人向けに要約して説明してくださったのですが、専門的なデータの部分はやはり難しいですね。

私どもとしては東海地方の液状化被害の想定と危険地域を把握出来たので非常に有意義な講義となりました。

名古屋港周辺は江戸時代の干拓と明治以降の埋め立てによって国土を広げてきた地域である為、過去に一度も巨大地震を経験したことがありません。

現段階では各自治体が公開している「液状化危険度マップ」を参考に対策を練るのが最も妥当かと思われます。

参考までに愛知県防災局が発表している各巨大地震想定データのリンク先を掲載しておきますのでお時間許せば是非見てください。

http://www.pref.aichi.jp/bousai/all/all.htm

出来る対策としては地盤改良となりますが、既存宅では難しく、多大な費用も掛かってしまうため、即解決が図れないナーバスな問題です。

今後もお客様のためになる対策を考えて参ります。

[用語]

東海・東南海・南海連動型地震(とうかい・とうなんかい・なんかいれんどうがたじしん)・・・東海地震、東南海地震、南海地震の3つの地震が同時発生した場合を想定した連動型巨大地震のこと。